FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競馬で年間100万円勝つためのテクニック6

6.コース実績を見ろ
競馬を予想するファクターの中で、その有用性とは裏腹に意外と活用されていないのがコース実績ではないでしょうか?
私見ですが、馬券歴の浅い人ほどコース実績を軽視しているような気がします。

かくいう私も馬券を買い始めてから2,3年目くらいの頃は、競馬新聞内で“左回りに強い”とか“中山巧者”といったコメントを見ても、サイン馬券と同程度の信憑性しか感じず、歯牙にもかけていませんでした。
今思えば、非常に愚かしい考えだったと思います。

それでは実際、コース実績はどれくらい重要なファクターなのでしょうか?
私見を言えば、さすがに近走成績や調教時計ほどではないですが、その次くらいに重要なファクターではないかと思っています。

では、なぜコース実績が重要なのでしょうか?
それは人間に利き手があるように、馬にも利き手ならぬ利き脚(手前)があるからです。
(※手前とは馬が走る時に先に地面に着く脚のこと。 右前脚が先に着けば右手前、左前脚が先に着けば左手前。右回りなら左手前、左回りなら右手前で走ることが多い)

サラブレッドは人間で言うところのアスリートですから、当然調教の過程で身体全体をバランスよく鍛えるようにするのですが、どちらか片方の手前でしかスムーズに走れない不器用な馬もいるのです。

ピンとこない人はサッカー選手を想像するとわかりやすいかもしれません。
基本的に彼らは右足でも左足でも蹴れるようにしなければ試合で使い物になりませんが、中には突出した一つの技術だけを武器に一流に上り詰める選手もいます。

例えば中村俊輔選手。
左足の技術は世界でもトップクラスですが、右足の技術やフィジカル面だけ見れば、平凡なJリーガーと同じかそれ以下ですよね?
中村選手と同じように、サラブレッドの中でも利き脚は一流だけど反対の脚では二流以下というような馬が存在し、これにより右回りが得意だけど左回りは全然ダメ(もしくはその逆)という馬が出てくるわけです。

また、両手前どちらでも同じように走れる馬でも、腰が弱いと坂があるコース(中山や阪神等)が苦手だったり、瞬発力はあるけど持久力には欠けると東京コースが苦手だったり、その馬の身体的な特徴によって得手不得手なコースがある場合もあります。

どんなに優れた能力があってもその能力をフルに発揮できなければ格下の馬にあっさり負けてしまうこともあり、それゆえコース実績を見ることは馬券を買う上で重要なのです。

それではここで最近のレースから具体的な例を挙げてみましょう。

・1/30 東京11R根岸S(ダート千四、G3)

このレースで単勝2.7倍の一番人気に推されていたのはケイアイガーベラ。
この馬はダート千四では滅法強く、昨年のプロキオンS(阪神ダート千四)では後のG1馬サマーウインドに4馬身差で圧勝するなど、根岸Sの前まではダート千四に限れば6戦5勝という素晴らしい成績を残していました。
このレースの2番人気セイクリムズン、3番人気ダノンカモンの二頭にも最近のレースで圧勝しており、能力通りに走ればまず負けないレースです。

実績から見れば、1倍台の人気になってもおかしくないのですが、そうならなかったのは前年の武蔵野S(東京ダート千六)の15着惨敗の原因が不透明だったため。

このときの敗因として、「もしかしたら左回りが原因では?」とも囁かれていたのですが、左回りのダート戦は武蔵野Sが初めてだったことや、出遅れ、距離、輸送と敗因となる要素が他にも複数存在していたため、この時点では敗因が特定出来なかったんですよね。

今回の根岸S出走にあたり、ケイアイガーベラ陣営は、早めに美浦に入厩することで輸送の不安をなくし、距離はベストの千四、さらには武蔵野S後のゲート練習で出遅れの懸念も解消され、これで負けたら左回りしか原因がないという状態で出走させてきたため、一番人気ではあるけれども実績ほど圧倒的ではないという人気に落ち着いたわけです。

では、根岸Sにおけるケイアイガーベラの結果はどうなったかと言うと、スタートから快調に逃げたものの直線入り口で早々に馬群に飲み込まれ、勝ったセイクリムズンから1.6秒離された8着惨敗。

得意なダート千四で、しかも得意の形に持ち込んだにもかかわらず、3走前に0.9秒差で圧勝した相手にこれだけの差を付けられて負けたわけですから、今回の結果でケイアイガーベラは左回りがまったくダメな馬ということがはっきりしたわけです。

このケイアイガーベラの特性を頭に入れておけば、次走右回りに使ってきたときに今回の惨敗を度外視して買えますし、逆に今後左回りに使われてきたときはばっさり切れますよね。

また、コース実績を見ることによって、条件によってはケイアイガーベラのような人気馬をばっさり切ることが出来るだけでなく、今年の中山金杯で2着に入ったキョウエイストーム(これまでの連対がすべて中山という無類の中山巧者)のような人気薄の馬を獲れたりもするので、回収率の面で大いにプラスになる可能性があります

コース実績を他のファクターより重視すべきとまでは言いませんが、有力馬の中から買い目を絞ったり、軸馬流しのヒモ選びに採用したりするなど、自分の予想スタイルにプラスアルファ的な要素として加えると、回収率の向上に繋がることになりますので、今週末の競馬からでも実践してみてはいかがでしょうか。




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想サイトへ
人気ブログランキングへ
競馬予想が無料で探せる 競馬予想サーチ
スポンサーサイト

テーマ : 競馬で稼ぐ方法
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

Secret

FC2カウンター
プロフィール

副業馬券師

Author:副業馬券師
競馬歴17年の28歳。
ほぼ毎週競馬をする生活を10年近く続けたことで、年間100万円以上をコンスタントに稼げるようになり、昨年は本業の年収以上の金額(約400万円)を競馬で稼ぎました。

推奨馬実績
【2011年3月22日現在】

・トータル
10-3-6-7
単勝回収率102.3%
複勝回収率93.8%

<自信度別実績>
・自信度S
4-0-1-0
単勝回収率126.0%
複勝回収率106.0%
・自信度A
3-3-3-2
単勝回収率40.9%
複勝回収率96.4%
・自信度B
3-0-2-4
単勝回収率175.6%
複勝回収率94.4%
・自信度C
0-0-0-1
単勝回収率0.0%
複勝回収率0.0%
収支実績
【2011年3月22日現在】

・年間収支
-480,650円

<月別実績>
・2月収支
-365,500円
・3月収支
-115,150円
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ランキングサイト

人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想サイトへ 競馬予想が無料で探せる 競馬予想サーチ ブログランキング【くつろぐ】 PINGOO!カテゴリ趣味いろいろ ネット競馬検索アーカイブス

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
3505位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
1418位
アクセスランキングを見る>>
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。