スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第28回フェブラリーS(G1)展望

G1レースの展望・予想に対する読者のニーズが高いと思われるため、堅実に年間100万円以上勝つというこのサイトの趣旨からは若干外れますが、今週日曜日に行われる第28回フェブラリーS(G1)の展望を書きたいと思います。

ただ、展望に入る前に言っておきたいことが1つあります。
それは私はこのレースには大きな金額を投資するつもりはさらさらないということです。

当日、このレースを迎えるまでの収支状況にもよりますが、馬体重、パドック、返し馬を見て狙っている馬がベストの状態で出走してきて、かつオッズが予想よりも付くという状態だったとしても、基礎金額(1万円)が上限といったところで、場合によってはケンすることも考えています。

なぜかというと今回のメンバー構成は私の馬券スタイルとは非常に相性が悪いからです。

私の場合、まず確たる軸馬を1頭決め、それから2~3頭程度の有力馬の中から妙味がありそうな相手を選び、ワイド1点で勝負するというのが基本スタイルなんですよね。

それを踏まえたうえで、今回のメンバーを見渡すと、この路線の両横綱であるエスポワールシチーとスマートファルコンが回避しているうえ、人気を分け合うであろうトランセンド、セイクリムズン、フリオーソの3頭がそれぞれ死角を抱えており、確たる軸馬と言える存在がいません。

また、勝ち負けまではいかなくても、3着になら引っかかりそうな伏兵馬が多く、持ち時計も拮抗しており、相手探しは非常に難解です。
おまけに有力どころに先行タイプが多く、展開次第では大荒れの結果になることも十分考えられ、ワイドと言えどもとても1点に絞れるレースではありません。

以前、別の記事で書きましたが、私の考え方ではG1だろうが未勝利戦だろうが、払い戻しが同じであれば、そこに優劣はありません
はっきり言って、フェブラリーSに大きく張るくらいなら、土曜日の京都1R3歳未勝利戦(ダート千八)の方に突っ込みますよ。

以上の理由から、今回のフェブラリーSについては購入しても少額程度に留めるつもりです。

もちろん展望をブログに載せるからには真剣に検討しますが、相性が悪そうで、かつ購入を見送るつもりのレースだけに、話半分程度の気持ちで読んでいただけると幸いです。

さて、前置きが長くなりましたが、ここからフェブラリーSの展望に入ります。

各馬の状態について言及する前に、まずはフェブラリーSの傾向と今週の馬場状態について触れようと思います。

東京ダート千六は中距離をこなせるスタミナと底力がなければ乗りきれないと言われていますが、このフェブラリーSについては時計のかかる冬場の開催ながら近年1分35秒前後の高速決着が多く、スタミナだけでなくスピード能力、さらに言えば上がり35秒台を出せる瞬発力が何より必要とされています。

さらに今年は金曜未明からの雨でこの記事を書いている時点で不良馬場となっており、レースまでに回復したとしてもせいぜいやや重止まり。
有力な先行馬も揃っていることから、今年の決着タイムは1分34秒台になるのはほぼ間違いないと思われます。

ただし、予想通り速い時計の決着になったとしても前に行く馬が総崩れになることは考えづらく、極端に後ろから行く馬ではノーチャンス。
展開的に最も有利なのは、先行集団の直後に付けられて、かつ速い上がりを出せる馬だと言えるでしょう。

それを踏まえたうえでメンバーを見渡すと、その条件に最も当てはまるのはセイクリムズンになるのではないかと私は思っています。

さて、ここからは人気になりそうな有力三頭を中心に、各馬について見解を述べていきたいと思います。

・トランセンド
一番人気が予想されるのが、昨年のJCDの勝ち馬であるこのトランセンド。
JCD以来のレースとなりますが、使い詰めるより間隔を空けた方が良いタイプだけにまったく心配はいりません。

1週前追い切りでは栗東DPの歴代最高タイム(73.0-57.7-45.2-33.7-12.0)を叩き出し、中間の乗り込み量も豊富。
最終追い切りもゴール前で軽く気合を付けられた程度で栗東坂路52.8-38.3-25.2-13.0なら十分合格と言え、状態的には万全と言えるでしょう。

問題は追って甘いところがあるだけに、芝スタートの東京ダート千六で楽に先手を獲れるかどうか。
3歳時に出走した同条件の武蔵野Sでは芝の切れ目でジャンプして9番手追走となっており、一抹の不安は残ります。

また、首尾よく逃げれても、フリオーソ、マチカネニホンバレ、バーディバーディなど、有力各馬に番手タイプの馬が多いため、競り潰されて大敗の危険性もあるだけに、過剰な人気を集めるようであれば思い切って切るのも手かもしれません。

・セイクリムズン
先ほど述べたとおり、最も展開の利がありそうなのがこのセイクリムズン。
現在三連勝中で勢いがあり、最終追い切りでも栗東坂路52.0-37.3-24.8-12.6を楽に計時しているように状態はまさに絶好調。

千二、千四を中心に使ってきた馬でこの距離に一抹の不安はありますが、前走は千六を意識してあえてワンテンポ仕掛けを遅らせる競馬で東京ダート千四を圧勝しており、今回の脚抜きの良い馬場なら千六も十分こなせると思います。

消去法的な考えになりますが、軸にするならこの馬が最適だと思います。

・フリオーソ
今回のメンバーを見渡すと、実績・実力ともにこの馬がNO.1であることは疑いようがないでしょう。
主戦の戸崎からM.デムーロに乗り替えてきたことからも、今回のレースに賭ける陣営の意気込みは並々ならぬものが窺えます。

しかしながら、この馬は南関以外に遠征したレースではただの一度も連対したことがなく、この4年間で千六以下のレースに使ったのは僅か二度(5着、2着)のみ。
果たして中央の時計勝負に対応できるかは大いに疑問があります。

このメンバーが相手なら能力で押し切れるような気もしないでもありませんが、それなりの人気になるのは間違いないだけに妙味はまったく感じられず、積極的に買いたいとは思いませんね。
来たら仕方がないくらいの気持ちで見送りが賢明でしょう。

・伏兵各馬
上記3頭に続く人気になりそうなのがダノンカモン
三浦からリスポリに乗り替わり、得意な東京千六ならセイクリムズン逆転もあり得る…と考えるファンの方は多いと思いますが、個人的には危険な人気馬だと思っています

あまり速い脚が使えないタイプなだけに今回の脚抜きの良い馬場はあまり好ましくなく、1600万下の新潟千八であっさり負けていることからスタミナ豊富なタイプではありません。
おまけにリスポリは先々週の東京開催で人気馬を立て続けに飛ばしており、ダートだけなら一流の三浦からの乗り替わりは必ずしもプラスとは言えません。

そこそこ人気になりそうなダノンカモンを狙うくらいなら、脚抜きが良い馬場が得意で、かつ展開が向きそうなシルクメビウスや、池江泰郎調教師最後のG1挑戦ということでメイチ仕上げのバーディバーディを狙った方が、よほど妙味があると思います。

・穴馬
穴で狙うならマチカネニホンバレライブコンサートの二頭でしょう。

マチカネニホンバレは東京コース4-1-0-1という無類の東京巧者だけに、大外枠からスタートを決めて無理なく追走出来れば連に絡んでも不思議はありません。

芝からの転戦組であるライブコンサートは目下絶好調のうえ、脚抜きの良い馬場となったのは明らかにプラス。
道中は内内で死んだふりを決め込んで直線勝負に賭ければ一発の可能性は十分あります。

勝負になりそうなのはここまででしょう。

・結論
最も展開が向きそうなセイクリムズンを中心とした馬券で勝負するのが一番堅実だと思いますが、波乱含みのレースだけに高配当を狙うのもありでしょう。

有力馬の中ではフリオーソとダノンカモンが過剰人気になりそうな雰囲気なので、思い切ってこの二頭を切った馬券に妙味があると個人的には思っています。




にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想サイトへ
人気ブログランキングへ
競馬予想が無料で探せる 競馬予想サーチ
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

Secret

FC2カウンター
プロフィール

副業馬券師

Author:副業馬券師
競馬歴17年の28歳。
ほぼ毎週競馬をする生活を10年近く続けたことで、年間100万円以上をコンスタントに稼げるようになり、昨年は本業の年収以上の金額(約400万円)を競馬で稼ぎました。

推奨馬実績
【2011年3月22日現在】

・トータル
10-3-6-7
単勝回収率102.3%
複勝回収率93.8%

<自信度別実績>
・自信度S
4-0-1-0
単勝回収率126.0%
複勝回収率106.0%
・自信度A
3-3-3-2
単勝回収率40.9%
複勝回収率96.4%
・自信度B
3-0-2-4
単勝回収率175.6%
複勝回収率94.4%
・自信度C
0-0-0-1
単勝回収率0.0%
複勝回収率0.0%
収支実績
【2011年3月22日現在】

・年間収支
-480,650円

<月別実績>
・2月収支
-365,500円
・3月収支
-115,150円
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ランキングサイト

人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想サイトへ 競馬予想が無料で探せる 競馬予想サーチ ブログランキング【くつろぐ】 PINGOO!カテゴリ趣味いろいろ ネット競馬検索アーカイブス

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
3189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
1286位
アクセスランキングを見る>>
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。